価格が「低い」ときに始める投資

投資は安く買うのが基本

投資活動は安く購入して高く売却するのが基本です。例えば株式の場合、人気化して高値をつけてから購入すると、下落リスクが高まります。これはニュースの発表などにより急速に株価が上昇することで、利益確定のための売り注文が増える可能性があるからです。もちろん下落場面で購入すると、さらに株価の下落による含み損を抱える可能性もあります。そこで安値で放置されている銘柄に注目することが大切です。企業の経営は安定するものの、人気がないために安い株価で放置されているものは、何かのきっかけで上昇することがあります。あるいは相場全体の人気化によって手堅く株価が上がることが期待できます。このような安い銘柄を仕入れておくのも1つの方法と言えるでしょう。

チャートを分析すれば安値が分かる

株式投資で資産運用するならば、安く買って高く売るのが基本です。そのタイミングはチャートを見ると判断できます。チャートは投資家の心理を反映されます。高値と安値とを繰り返しながら少しずつ上昇したり下落しているものです。その高値や安値を線で結ぶと、抵抗線や支持線が現れます。購入する時は、この支持線に株価がぶつかって反転するタイミングを狙うのです。高い確率でそのまま上昇しますし、万が一再び下落したならば損切りをすれば良いだけの話です。このように投資家が意識する安値で購入することで、高い確率で利益を出せるようになります。たとえ人気があるからといって、無暗に株価が上昇している時には手を出さないことが大切です。

© Copyright High Investment. All Rights Reserved.