少額投資ができる「NISA」

NISAとはどんな制度?

NISAとは120万円までの株や投資信託における運用益や配当金を一定額非課税する制度です。
NISA制度は2014年1月からスタートし、2016年1月に非課税枠が100万円から120万円に変更されました。
また、2016年4月からジュニアNISA制度も新設され、0歳から19歳までの未成年においても80万円までの非課税投資枠が設定されました。
通常はこれらの利益にはおおよそ20%程の税金が課税されますが、NISA制度を活用すれば非課税となるのです。
この120万円の非課税枠は2023年までの間毎年新たに追加され、非課税の期間は5年間です。
ただし、非課税になる最大の投資額は600万円でそれ以上の額における利益に対しては非課税になりません。

NISAを活用した場合のメリット

NISAの非課税枠を活用するとどのようなメリットがあるかですが、例えば100万円を株に投資して5年後に株価が2倍になっていた場合、その時点の株価は200万円となり100万円利益を出したことになります。この場合、NISAを活用していないと100万円×20%の20万円が税金として課税されますが、NISAを活用していれば非課税となるのです。
仮に、この5年間で毎年同じように100万円の利益を出していた場合、20万円×5で100万円となり、NISAを活用するかしないかで100万円の税金を節約できたということになるのです。
このようにNISAは小額の投資分における税金の節税にとても効果があるため、今まで知らなかったので活用していなかった、という方はすぐに口座を開設することをおすすめします。

© Copyright High Investment. All Rights Reserved.